• キャッシングおすすめナビ

キャッシングで審査に通りやすいケースは?


キャッシングの審査に通りやすい…そんなことってあるのでしょうか。

審査に通りにくいケースがあるように、審査に通りやすいケースももちろんあります。

では、審査に通りやすいのはどのようなケースでしょうか。

審査が通りやすい人の特徴とは?

お金

年収はどのくらい必要?

「年収が1000万以上ないと難しいのでは?」などと心配する人もいるかもしれませんが、高い年収である必要はありません。

キャッシング可否の目安となるのは、年収200万円のラインです。

200万円未満となると厳しくなります。

仕事、雇用形態

基本的に安定した雇用形態が好まれます。

ですので、正社員や公務員は有利です。

フリーターやアルバイト、派遣社員の場合は安定していると見なされにくく、審査に通らないこともあります。

また、正社員であっても、できるだけ大手企業であることが好ましいようです。

勤め先が大手であればあるほど審査に通りやすくなる傾向があります。

勤続年数

勤めて間もないと、場合によっては審査に通らないかもしれません。

勤続年数が長ければ長いほど、安定した収入を今後も得る可能性が高いと見なされ、審査に通りやすくなります。

支払い遅延、事故情報

過去にキャッシングやクレジットカードの支払遅延がないかどうかも重要です。

支払遅延があると、審査に通りにくくなります。

ただし、1日遅れたことが1度ある等軽微な支払い遅延の場合はさほど問題視されないようです。

他社からの借入件数

他社からの借入件数についても重要です。

どこからも借りていないのであればまったく問題ありませんし、1社からの借入がある場合もさほど問題にはなりません。

しかし、これが3社、4社と複数の会社から借り入れをしていると、審査に通りにくくなります。

その他の審査内容

また、多数のクレジットカード会社のカードを持っているのもマイナスとみなされ、審査に通りにくくなるようです。

この他に、持ち家や既婚・未婚等もチェックされますが、これについてはさほど重視しない会社が多いようです。

審査基準のまとめ

以上のことをまとめると、年収200万円以上で、大手企業の正社員や公務員、そして長年同じ会社に勤めていて、これまでにキャッシングやクレジットカードの支払遅延がない、あるいは、どこからも借入をしていないというのが、審査に通りやすい人と言えるのではないでしょうか。

もちろん、今回挙げた条件を全て満たす必要はありません。

それでも最低限、年収と雇用形態、支払い遅延の有無は押さえておきましょう。

この3つをクリアしていないと審査に通りにくい、ということを覚えておくと良いでしょう。







同じカテゴリーの最新の記事

  • 専業主婦や学生でもキャッシング審査は通るの?

    専業主婦の方や学生の方など、安定した収入がない方でも出費は必ず出てきますよね。 例えば専業主婦の方は、お給料前なんかに家賃や公共料金が必要になったり、学生の方は、一人暮らしなどでお金が必要になる時だってあるでしょう。 では、専業...


  • キャッシングで審査に通りやすいケースは?

    キャッシングの審査に通りやすい…そんなことってあるのでしょうか。 審査に通りにくいケースがあるように、審査に通りやすいケースももちろんあります。 では、審査に通りやすいのはどのようなケースでしょうか。 審査が通りやすい人の...


  • アイフルの審査は甘い?おすすめポイントは?

    カードローンによるキャッシングをしたい方の中にはアイフルに興味のある方がいるかもしれません。 積極的に宣伝をしているため意識する機会は多いでしょう。 そんなアイフルについて調査した結果をまとめました。 アイフルをおすすめす...


  • キャッシング初心者のための賢い使い方とおすすめカードローン

    気軽に使える反面、使い方を間違えると大きなトラブルを起こすなど、普段からカードローンを使ったことが無いと、本当に遣って大丈夫なのか不安に感じる方も多いのではないでしょうか。 確かに使い方を間違えればトラブルに発展することもありますが、...


  • 職場への在籍確認の電話がないキャッシングは?

    大手キャッシング会社などと契約をしてサービスを利用する場合、各社が実施している所定の審査を通過する必要があります。 審査基準や審査の流れなどは各金融機関によってそれぞれ異なりますが、殆どの会社で共通して行われる審査として、職場への在籍...


  • ニートでもカードローンでキャッシングできる4つの方法

    “ニートのキャッシング成功術”では「収入ある事実」の証明が重要ポイントになります。 そして、今回ご紹介できる“4つの裏ワザ”では、“ニートでも収入ある事実を証明できる方法論”となっています。 だから「ニートはお金借りれない!」の...